『にじいろのおやつ』植物素材で作るカラフルおかし&パンのレシピ本

スイーツ作家 Rainbow Caravan 石井織江さん 著書
白砂糖・卵・乳製品不使用、野菜・花・スパイス・ハーブでつくる
かわいいナチュラルスイーツ
表紙帯に書いてある通りの "心ときめく" レシピ本 『にじいろのおやつ』
本書の中でロンナムチャチェンマイのバタフライピーをおすすめ頂きまして
ありがとうございますm(__)m
青色の天然着色素材として バタフライピー・フラワー の使い方の解説があります
とっても参考になります!
素敵な写真とイラストを見ているだけでも自然にスマイル
簡単でわかりやすいレシピは小さいお子さんと一緒に楽しく作れますね。
おススメです!
RNCC90.jpg
にじいろのおやつ
著者:石井 織江
出版社:WAVE出版
Amazon 2016/6/5発売
全国書店 2016/6/8~ 発売

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

美味しく飲む バタフライピー ・ ハーブティー

美しい青藍のハーブティー「バタフライピー」
ロンナムチャ チェンマイ 一押しブレンド・レシピ
上質なタイハーブの美味しさ美しさ!
お試しください!

①バタフライピー : 花5片
②レモングラス : ティースプーン約1杯
③ステビア : 葉1枚
RNCC89-1.jpg
①②③をティーポットへ入れ沸騰させた湯260~300ml(ティーカップ2杯分)を注ぎ5分間置きます。
※ティーコージー(ポット保温カバー)を使用、または手持ちの布でポットを覆い被せて蒸らすとハーブ成分の浸出に効果的。香りが広がり更に五感を刺激します。
夏の暑い日は冷やしてレモンを添えて、喉を潤してください。
RNCC89-2.jpg
上質なドライハーブだからこの美味しさ美しさ!!
ロンナムチャチェンマイのタイハーブで是非お試しを!

【当ブログ内掲載内容の無断複製使用を固く禁止します】 管理者の許諾を得ず当サイト内に掲載している全ての画像や文章などの情報を複製・転載し流用する行為は著作権侵害にあたります。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

タイハーバルティー 試飲会のご案内【3月18日(金)開催】

"Savoring & Chatting under the tree"
ロンナムチャ チェンマイ ~ チェンマイの茶屋
が体感できるオーガニックな空間のなかで、
たくさんの方にタイハーバルティーの魅力を存分に味わい感じていただきたくて、
このたび試飲会を開催いたします。
ぜひぜひ、お気軽にお越しください!
皆様のご来場を楽しみにお待ちしております

開催日時: 2016年3月18日(金) 14:30~20:30
※ 時間内いつでもお越し下さい。
※ 温かいお茶は出来る限り美味しいタイミングでご試飲いただきたいため、ご来場の時間帯によってはお待たせしてしまうかもしれませんが、お茶を淹れる過程もご一緒に楽しんでいただけると幸いです。お時間に少し余裕をもってお越し下さいませ。
会場: Under the Tree Nakameguro
住所: 東京都目黒区東山 1-9-14-202(建物2階右側のドア)
東横線/日比谷線 中目黒駅から徒歩7分
ウェブサイト http://www.utnakameguro.com
※ 床全面フカフカの人口芝が敷き詰められ、土の壁、天井にはテント、庭には大きな木のオブジェとたくさんの植物にハンモック、心地良い開放的な空間です。靴を脱いで人工芝の上でくつろいで座っていただくスタイルになっています。
参加費: 1名様につき1,000円 (ご来場時にお支払いください)

【参加お申し込み/お問い合わせ】
※準備の都合上、3月8日(火)までにお申込のご連絡を頂けると幸いです。
mft(株) ロンナムチャ チェンマイ
ウェブサイト http://www.teahouse-chiangmai.com
担当: 中田 博子
メール: info@teahouse-chiangmai.com
電話: 03-6303-2422
ファックス: 03-6303-2475


RNCC88-1.jpg
《展示・試飲プロダクト》
■バタフライ・ピー(アンチャン)の花弁 ■ローゼル(グラチアップ)の萼 ■ベールフルーツ(マトゥーム)の実 ■パンダーナス(バイトゥーイ)の葉 ■ラミンティー商品 ティーバッグ/茶葉
!!NEW!! ■ロイヤル・ロータス(ブア・ルアン)の花弁 ※蓮の高級品種(希少) ■カフィア・ライム(バイ・マックルー)の葉 ■レモングラス(タクライ)の茎 ■ステビア(ヤーワーン)の葉

[品質保証・製造管理・品質管理の規格]
オーガニック(Thailand Agriculture Standard), GMP, HACCP, ISO 22000:2005, ハラール(Thailand Halal)

★ホスト★
中田 博子 Hiroko Nakada
ロンナムチャ チェンマイ 代表

★ゲスト・デモンストレーター★
橋本 加名子 先生 Kanako Hashimoto
料理研究家、栄養士、フードコーディネーター、
飲食プロデューサー
おいしいスプーン主宰 http://oishi-spoon.com
[プロフィール] タイ料理のスペシャリストであり、アジア各国料理にも精通している。懐石料理教授のお母様より引き継いだ近茶流懐石講師も務める。雑誌、書籍、レシピ開発、商品開発、プロデュース・コンサルティング等々フレキシブルに幅広いジャンルで活躍する食のエキスパート。

◆◇◆ 橋本加名子先生のminiワークショップ開催 ◆◇◆
ハーブで色付けする「タイスイーツ」を作ります。ぜひご参加ください♪
①15:00~15:30 ②16:30~17:00 ③18:30~19:00
●タプティムクローブ : クワイに色づけしてタピオカ粉を塗して茹でる。ココナッツミルクと一緒に食べる冷たいデザート。
●ルークチュップ : 緑豆あんを好きな形(野菜、果物、動物など)にし、色づけして寒天でコーティング。和菓子に似た感じのタイの伝統菓子。

RNCC88-2.jpg
お待ちしてま~す

テーマ:おすすめ商品案内 - ジャンル:ライフ

バタフライピーのお話 ①

*ラミンティー日本販売開始より6年が経ちました。
日本では馴染みの無いいくつかのハーブティー商品の中で、
特にインパクトが強いのがインクのような青色に発色する「*バタフライピー Butterfly Pea」。
RNCC87-1.jpg

ルーツはインドの伝承医学アーユルヴェーダにおける薬草(根・種・葉)として、長い歴史を持つ植物です。
安定性に優れた青い花弁の色素は、タイなど東南アジアの国々で主に食用着色剤として伝統的に利用されてきました。

当時は "バタフライピー" と日本語でググっても検索結果ほぼ無し、ハーブティーとしての情報は無し。ならば尚更、日本で初めて取り扱うためには正しい所から正しい情報を得て知るべきと、先人から伝わる身体に良い影響を及ぼすものとして活用されてきた根拠について学びました。
ラミンティー社ラボの紹介で、タイ国内外の研究者・有識者より伝統的・植物学的・科学的・薬理学的見解をヒアリングし、ご教授いただきました。

花弁の成分については、
抽出液から高濃度の青色アントシアニン(Ternatin)が発見されて(1997年・生物医学文献より)以降、食品科学において期待される自然性、安定性、希少性、多様性について現在も検証が続いています。その特有な色素構造の研究は日本でも行われており、青色媒体の製造方法についての特許を日本の企業が取得しています。
食の多彩な分野で今後の活躍が期待できる植物素材であると、ポテンシャルを強く感じたハーブのひとつです。

ラミンティー社ブランドの「*バタフライピー・ハーバルティー」販売開始数年後に、
*Cafeglobe様が記事の話題にして下さいました。
その後、お買い求め頂いた「*乾燥バタフライピー・フラワー」が "名探偵コナン" のストーリーでトリックとして登場しました。
タイ・ハーブのこと余りご存じなかった方々やお子様達が、
何らかの形で少しでも関心を持って頂くきっかけとなりましたこと、とても嬉しくとても感謝しています。

美容と健康に良い効果をもたらすことはハーブティーとして重要な要素ですが、
私共はお茶屋であるため、茶は生活に潤いと喜び楽しみを与える嗜好品として
安全に美味しく飲んで頂けることが大切と考えています。
自然の恩恵と生産者に感謝し、
真摯に茶づくりを続けてきたキャリアと加工技術による良品を楽しく味わって頂きたいと思っています。

◆ ブレンドティーのおすすめ ◆
香りで味わう『パンダーナス』  色で楽しむ『バタフライピー』
RNCC87.jpg
*バタフライピー・フラワー & パンダーナス
≪ブレンド分量目安≫
ティーカップ1杯分(150~180ml)の湯量に対して、
①バタフライピー花弁3~5個
②パンダーナスの葉ひとつまみ
沸騰させた湯をを注いで、必ず3分以上置いてからお召し上がりください。
※ティーカップで一杯分だけ淹れる時はラップなどでカップの口を覆ってじっくり蒸らすと、より美味しくハーブの成分もしっかり抽出されます。
RNCC87-4.jpg
砕けて粉状になった花弁は、茶濾しフィルターを使って淹れてください。
カップ1杯につきティースプーン半分位の量で十分です。
RNCC87-3.jpg
レモン汁やハチミツなどの甘味を入れたり、お好みで美味しくお召し上がりください。
RNCC87-5.jpg

テーマ:紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー - ジャンル:グルメ

タイ伝統コーヒー Traditional Thai Coffee

タイコーヒー「O-Liang オーリアン」とは、
コーヒー豆に穀物類を混ぜた焙煎ブレンドコーヒー。
名前の由来は、中国系タイ人の言葉である中国語の方言のひとつ "潮州語(ちょうしゅうご)" で、 O=black(黒) Liang=cold(冷たい) の意味。

もともとオーリアン(タイコーヒー)は、
コーヒー豆の代用にタマリンドの種、大豆やとうもろこしなどの穀物を焙煎し粗挽き状に砕いたものをネルドリップ式(布フィルター)で抽出した "コーヒーのような" 黒い飲み物だったそう。

昔ながらのローカルドリンク屋台のタイコーヒーは、
店によってブレンドのレシピや配分、作り方もそれぞれらしく、味に違いがあります。
「タイコーヒー」とだけ注文すると、
ネルドリップした濃厚なコーヒーへビックリするほど大量の砂糖・練乳を投入。クラッシュアイスが入ったビニール袋(またはカップ)へコレを流し込み、更に仕上げのエバミルクがドボドボ入ります。
カスタムオーダーしないと、このようなビックリするほど甘い濃厚でミルキーなアイスコーヒーがデフォルトでやってきます。
でもコレが意外と、一度飲むと病みつきになるのです。
昔々ハマりしました(笑) 一日5杯以上、あちこち飲み比べたりして、タイ人友人に飲み過ぎだとヤな顔されましたが(笑)

こちら↓の商品は、ご自宅で簡単にタイ屋台式コーヒーが再現できます。
カスタムメイドで作ってみてください。
タイ屋台コーヒー | オーリアン Oliang | 挽粉250g
RNCC85.jpg
伝統的タイ式ブレンドコーヒー。
タイ・チェンマイ産の良質アラビカコーヒー豆に砂糖・とうもろこし・大豆・胡麻をブレンドした粉挽。

RNCC85-1.jpg
淹れ方は、コーヒーメーカー、ペーパードリップ、ネルドリップ(布フィルター)、いづれの方法も大丈夫です。
普段飲む "普通のコーヒー" と同様の分量で淹れてみて、好みの濃さに加減して美味しくお召し上がりください。
たっぷりのコンデンスミルク(練乳)とエバミルク(または牛乳)を加えて、甘く濃厚な屋台式の飲み方も是非お試しください。

※練乳をたくさん入れて飲む時や氷で割ってアイスコーヒーで飲む時は、濃いめの方がコクがあって美味しいと思います。
RNCC85-2.jpg
お買い求めはコチラへ → ロンナムチャ チェンマイ Rong Namcha Chiangmai ~ チェンマイの茶屋

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

プロフィール

ロンナムチャ チェンマイ

Author:ロンナムチャ チェンマイ
タイ王国のお茶のパイオニア Raming Tea (Cha Raming) ラミンティー日本輸入総代理店
タイハーバルティーを利用したレシピやタイハーブのご紹介... などなど

カテゴリ
リンク
無断複製使用禁止
【当ブログ内掲載内容の無断複製使用を固く禁止します】 管理者の許諾を得ず当サイト内に掲載している全ての画像や文章などの情報を複製・転載し流用する行為は著作権侵害にあたります。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示