ローゼル (ハイビスカス) とは?

ローゼル(ハイビスカス)ドリンクは
のどの渇きをいやす働きや疲労回復の力があるとされ、
特にアスリートなどに愛用されるケースも多いとされています。
1964年に開催された東京オリンピックのマラソンで優勝したエチオピアのアベベ選手や、ドイツの選手がローゼルを愛飲し、記録をたくさん出したという話は有名です
RNCC38-1.jpg
ハーブティーの中でも人気のある、ルビー色の "ハイビスカス・ティー"
の植物名は「ローゼル」といいます。
ローゼルはMalvaceae(アオイ科)に分類される、熱帯地域に生息する多年草(地域によって1年草))植物です。
属種が Hibiscus Sabdariffa(ハイビスカス・サブダリッファ) のため、総称でハイビスカスとも呼ばれます。
沖縄など南国イメージで親しまれている赤い花木のハイビスカスは別種の園芸用・観賞用で、食用・飲用にはなりません。

タイでは "Kra-Jieb-Daeng (赤い)グラチアップ" と呼ばれ Hibiscus Sabdariffa(ハイビスカス・サブダリッファ) の同種です。これの甘いジュース(ナム・グラチアップ)は、暑い国タイでよく飲まれる飲み物のひとつです。
ただし、ローゼルに似た花を咲かせる Okra(オクラ) は同じファミリーのアオイ科ですが別属の品種です。
RNCC38-3.jpg
花びらを保護する萼(苞状)は花が散ると膨張して果実状になり、この赤く熟した萼部が飲用または食用に利用されます。
乾燥させた果実(萼部)は甘酸っぱいフルーティーな香りがします。熱湯を注ぐと鮮やかな紅色が広がり、甘味を感じる芳香を放ちます。雑味のない酸味と濃厚な旨みが快く、視覚・嗅覚・味覚を刺激するハーブティーになります。
この酸味はクエン酸・酒石酸・リンゴ酸等の有機酸から構成されており、アントシアニン色素、ペクチン、粘液質、ミネラル、ビタミンなど、美容と健康に良い有効成分をたっぷり含んでいます。
RNCC38.jpg
写真右:ローゼル・ハーバルティー+オレンジジュース
写真左:バタフライピー・インフュージョン+グレープフルーツジュース

【当ブログ内掲載内容の無断複製使用を固く禁止します】
管理者の許諾を得ず当ブログ内に掲載している全ての画像や文章などの情報を複製・転載し流用する行為は著作権侵害にあたります。



テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

プロフィール

ロンナムチャ チェンマイ

Author:ロンナムチャ チェンマイ
タイ王国のお茶のパイオニア Raming Tea (Cha Raming) ラミンティー日本輸入総代理店
タイハーバルティーを利用したレシピやタイハーブのご紹介... などなど

カテゴリ
リンク
無断複製使用禁止
【当ブログ内掲載内容の無断複製使用を固く禁止します】 管理者の許諾を得ず当サイト内に掲載している全ての画像や文章などの情報を複製・転載し流用する行為は著作権侵害にあたります。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示